ネガティブな転職の事由をポジティブへ

2017年1月24日 / 未分類

労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を重視する仕事をしたい」、仕事にやりがいというものを感じず退職した場合は「新たな環境でいっそう成長したい」と言い換えると印象が違います。

ネガティブな転職の事由も表現のし方でポジティブな理由へと変わります。履歴書に書くのには、150文字から200文字ほどがちょうどよいです。

仕事を探すなら在職中から情報を集めて少し我慢して転職先が決まってから退職した方がいいでしょう気持ちはわかりますよ自由に動けますしすぐに就職できるでしょうがもし仕事が見つからなければどうするんですか少しゆっくりしたいという気持ちが働くのではないでしょうか就職には不利になりますよく考えてくださいとりあえずは今の生活の安定を考えてください転職に際して求められる資格に関しては、専門職以外は特に多くはないようですが、取得している資格が有利に働くということでは、結局のところやはり、国家資格が強いようです。
とくに、土木・建築関係では建築士にみられるような「業務独占資格」と言われるこういった資格を持たないと実際に業務につくことはできないというような仕事も多いので狙いどころかもしれません。慌てて転職活動をすると、迷っている余地がなくなってしまって、とにかく何かしらの職に就きたいと年収の低い仕事を選択しがちです。

その結果、転職前よりも年収が低くなってしまう事もあります。そうなってしまったら、なんのために転職したのかわからなくなります。年収アップにこだわるのであれば、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。

一般的に、転職する際、有利とされている資格の一つに中小企業診断士があります。

中小企業診断士資格を取得すると、経営に関する知識を証明することができるので、自らを会社にとって貴重な戦力だと認めてもらうことができます。
法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に関するあれこれに精通するファイナンシャルプランナーも、転職の大きな味方となるでしょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る